« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月25日 (日)

わお、決まった!

昨日24日の第2回SITA交流会にパネラー出席してきました。
久々にお目にかかる方もいらしたり、名札を見ないと
お名前とお顔が一致しない方も・・・。
発表するPowerPointの資料は、理事のAさんが作成してくださいました。
いつもいつもありがとうございます。

さて感想は・・・・
大変私にとって有意義なものでした。
昨年は担当したせいもあるのか今思うと、
楽しめる余裕はなかったのかもしれません。
昨日は参加者の一人として、たくさん声をかけてくださり声をかけました。
でも相変わらず女性が少なかったなあ。
SITA受験者が女性は少ないから仕方がないのかも。

基調講演者はマイクロソフト市場開発部部長の森本登志男氏。
私のお目当てはほとんどこの方です。
マイクロソフトのNPOデイにも参加したのですが、
その時は仕事でビル・ゲイツ氏の講演にギリギリセーフでしたから
森本さんのお話は聞けなかったのです。

シニアと今後の2007年問題と言われていることを
チャンスなんだ、とおっしゃっていました。
視点の違う見方はマイクロソフトで養われたものなのか、ご自身の資質なのか。
ただ、彩SITAがめざしているものとコンセプトは同じ、と思えウンウンウンと私は大きく頷くことが多かった。

・SITAグループは、十分にビジネスパートナーとなりうる
・地域に戻ってくる団塊の世代の人材は、企業活動のノウハウを持っている。経験豊富でこれこそ、ビッグチャンスなんだ。2007年問題は福音と言える
・NPO団体へのアンケートでお金とIT支援、どちらが欲しいか。答えはなんと、IT支援が95%
・デジタルは目的ではない。デジタルは道具
・地域のことは地域で、平日の昼間に地域にいる人たちの参加でコミュニティの再生が可能になる

などなど、他にも徳島県上勝町、(株)いろどりhttp://www.irodori.co.jp/ の紹介で見方を変えることを私も、もっともっと心がけたい、と思いました。
ちなみに、この町の紹介を25日11:00~テレビ朝日で放映するらしく、これから観ます。

森本さんの基調講演とパネルディスカッションを終えて私は即、森本さんと名刺交換。
手前味噌になりますが、彩SITAのサイトを即ご覧になり、私はマイクロソフトのNPO支援プログラムに応募してことごとく落ちました、と申し上げたら、彩SITAはもうビジネスパートナーの力がある、と言われたんですっ!!!
がんばりましょう!

余談です。もうご存じの方ばかりだと思いますがビル・ゲイツ氏は2008年7月に経営の一線から退くらしい。
慈善財団の活動に重きをおくらしいが、現在50歳。
52歳で引退ですかア。比べちゃイケナイイケナイ。相手は世界一のお金持ち。

懇親会が終わって帰るところの森本さんにもう一度、「最後のお願い」とばかりに
11月18日の埼玉地域セミナーでの事例発表の箇所に名前を入れてもいいですか、と確認したら、オッケイ!
「え、でも仕事のスケジュールを確認されてからでないと分からないんじゃないですか」
「いや、僕が一番やりたいと思っていることだから押し込んじゃいます。だいじょうぶ」
ヤッターーー!
うれしかったです!

ちなみに森本さんはマイクロソフトも支援をしている
NPO法人 ブロードバンドスクール協会の理事もなさっているとの事。 
http://www.broadbandschool.jp/index.html

基調講演者もやっと決まりました。尾花 紀子さん というすてきな方です。まだお目にかかっていないのですが、近々、柳田さんと3人でお目にかかれそうです。
尾花さんの詳細はHPをご覧になってください。
http://www.frey.jp/index.html

mailを何度も交わして、これ以上の方はいないと思っています。

さて、まだまだ栗原の仕事は続きますが、ここから、会員皆さんのご協力をお願いしたいと思います。
次回理事会で(7/2)昨年のSITA交流会のようにプロジェクトの発足を予定しています。
まだまだ時間があると思っていたら、すぐに秋が来ます・・・。オオコワッ。

そして未確定のこともあるのですが、チラシを作成しました。
そのチラシで、後援依頼をしたり、自治体には共催依頼をしていく予定でいます。
そのご協力も、できる方は手を挙げてくださると大変うれしいです。

060625

| | コメント (0)

2006年6月15日 (木)

進行中

2006.June.15 No.113

あややや、6月ももう半分!相変わらず自分の周りの時間の流れだけ、速くない?って思っている栗原です。
昨夜は、荒川区の女性起業セミナーの講師として行って話してきましたが、思い出すのは4年前。同じ立場だったよ、目の前にいた24名の女性達と。
どこでどうなるか分からない人生だわね、まったく。
ほとんど感じるままに走るクセがあり、多くの人に助けられてココまで来ているんだわね。

今も柳田さんに助けられています。感謝感謝感謝、何回書いても足りないよーー。
柳田さんは関東ICT推進NPO連絡協議会の幹事、千葉のNPO法人 ナレッジネットワーク http://www.npoknowledgenetwork.org/ 代表でもありますが、それだけでは留まらない人脈。

基調講演の残間さんがダメで、いろいろ人選をしつつ、子どもとシニアとICTという企画ではなかなか決まらない。
心がすっきりしないまま日々の仕事に追われていたのですが、ネット社会と子どもたち協議会 http://www.npo-digi.com/net-s/ で出会いがあった伊藤淳子さん http://www.a-girl.co.jp/ が発行しているリーダーズというML上でお名前だけ知っていた尾花紀子さん http://www.frey.jp/enter/page01.html を柳田さんが紹介してくださいました。
Webを見ると、最高じゃんって一人で喝采!
と書きつつ、まだ正式なお返事はもらっていません。それなのに書くなよーーって?
でも決まれば最高だな。

060615tori 見つめてみれば

| | コメント (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »